スタッフ紹介

AUTHOR ARCHIVES
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORY ARCHIVES
スタッフ紹介
■「2015年6月」の一覧
2015.06.13

 タバコを止めてから、急に目立ち始めたお腹が重く膝や腰に負担がかかり足の爪を切る時もお腹が心臓を圧迫し動悸がすることもあり。思い切って昨年の暮れから一日一食にして半年が経ちました。体重も概ね6キロ減でタバコを止める前と同じくらいになりました。
 過去にも、ダイエット器具(もちろんワンダーコアも)を購入しては、回数を積み上げることに苦痛を感じ、ほぼ3ヶ月続けては止めるの繰り返しで少々の運動ではダメだと思い、ついには一日一食に、賛否両論あるみたいですが、今のところ私には効果があるみたいで膝や腰が痛くならず体のバランスも良くなったような気がしています。
DSC_0159.JPG
 先日も知人に頼まれ、たぶん高校生の時以来の献血に行って来ました。血液検査もしてくれるとのことで、その結果がこの間届きました。体重減の影響なのか肝臓の数値(お酒のため)以外は全て正常数値の範囲内でした。
 とりあえずは、目標体重まであと少しなので体調もいいみたいなので当面は続けてみようと思っています。

posted by 村岡良治 | 2015:06:13:11:42 | Permalink
2015.06.07

11265296_267092586794724_3182945036407559254_n.jpg
 先日、「岡山掃除に学ぶ会」主催の鍵山秀三郎氏の講演会に参加しました。
久しぶりに鍵山氏にお会い出来、まさしく「現代の二宮尊徳翁」と改めて思った次第です。
講演会の中で、印象に残った言霊がありました。

「0から1の距離は、1から1,000までの距離より遠い」
「大きな努力で、小さな成果を求める!」
「細事をおろそかにしない」
「誰にでも出来ることを、誰にもできないほど続ける」
「人は、やった通りの人間になる」
「如何なる教育も、逆境から学んだことには敵わない」
「苦しいからこそ、練習となる。苦しいからこそ、工夫と忍耐が生まれて、
 質が向上し、新たな意義と価値が生まれる」
「行動に意義と価値を見出し、行動し続けると特別なものになる」

 等々を「トイレ掃除」を通じて説明されていましたが、なるほどと思う事ばかりでした。
「こんまり」こと、近藤麻理恵さんの片づけの著書もブームを巻き起こしていますが、
今一度、掃除と片づけについて考えさせられた一日でした。
「掃除」を「掃除道」にまでに高められた鍵山氏の益々のご活躍とご健康をお祈り申し上げます。

posted by 光岡政和 | 2015:06:07:15:35 | Permalink
PAGETOP